ミラドライのよるワキガや多汗症の治療内容について

ミラドライとは、メスなどを使って手術を行う治療方法とは違い、マイクロ波を使用して行う多汗症やワキガの治療方法です、この治療方法によるメリットは、手術を行わない治療ににも関わらず、効果は半永久的に持続するという点にあります。多汗症やワキガ治療で今まで行われてきた治療では、手術を行わなければ根本的に症状を解消することはできませんでした。しかし、手術でメスを使う以上傷跡が残ってしまうため、ノースリーブが着ることができなくなるとか、ワキガの臭いを消したいが傷跡が残ってしまうので嫌などといった理由で根本的な治療を行うできない人が大勢いました。その点ミラドライによる治療では切開などは行わないので傷などの心配がなく、脇の下を綺麗な状態のままでいられるという特徴があります。また、マイクロ波を使って壊された汗腺は再生することがないため、再発などが起こりにくく半永久的な持続力を持っています。また、マイクロ波が反応するのは水分だけで、汗腺は水分が多いので、水分の少ない周りの組織にはダメージをほとんど与えずにその部分にだけ反応をして汗腺を破壊していきます。ミラドライを使った治療内容は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の多汗症やワキガの原因となっている2種類の汗腺を破壊していきます。マイクロ波を照射する時は治療の目的に合わせてどこに破壊するか決めてから照射を行います。多汗症の方の治療の時には、エクリン汗腺は浅い層にあるので、その浅い層にマイクロ波を照射してエクリン汗腺のみを破壊します。ワキガの治療が目的の時には、ワキガの原因となっているアポクリン汗腺は深い層にあるため、マイクロ波を深い層に照射してアポクリン汗腺を破壊していきます。水分にマイクロ波は反応し、その際に熱を発し汗腺を破壊します。マイクロ波を照射している時は、皮膚の表面に対して冷却を同時に行っているので、熱などによる痛みはほとんど感じることはありません。照射した後はヨードテストを行い、汗腺が汗を出しているか確認します。治療に必要な時間は両脇で1時間程で終わり、治療後すぐに動くことができます。ミラドライを使った治療は傷跡なども残らず安心です。