ミラドライをしても再発する可能性あり

ミラドライというのはワキガ治療のために新しく開発された施術方法です。従来のワキガ治療はアポクリン汗腺を取り除くことを目的としていましたが、今回の方法は取り除くのではなく汗腺の動きを弱めることによってワキガによる臭いを軽減させるものとなっています。携帯電話などによく使われているマイクロウェーブをワキに照射することで、汗腺の働きを弱めていきます。元々、多汗症の治療のためによく使われていた方法です。汗が出にくくなればその分雑菌と混じり合って異臭を発生される確率が減るわけです。ミラドライだと体にメスを入れる必要はありませんし、局所麻酔をかけるので痛みを感じることも少ないです。

しかし、従来の方法のように完全に取り除くというわけではないので再発する危険性があります。
ミラドライを使って再発する原因の一つとして挙げられるのが照射が甘くて汗腺の働きを十分に弱めることができなかったことです。マイクロウェーブの出力は調整できるので弱くても強くてもだめです。その人にあった適切な出力で施術を行う必要があるのです。そして、アポクリン汗腺の働きを弱めたとしても5~10%くらいは回復する可能性があります。

また、原因とはいえないですが、患者さんがミラドライについてよく理解していない点も挙げられます。先程述べたように、ミラドライというのは働きを弱めるだけであって取り除くわけではありません。ですので、施術を行ったとしても臭いが完全になくなるものではないのです。臭いを軽減するのがこの方法の目的です。再発したと感じるだけで実際は十分に効果が現れているということがあります。

また、似たような事例であまりに施術前の状態で臭いが気になりすぎて、実際に臭いが軽減されたとしても臭っていると思いこんでしまう人がいます。そういった人は事前にきちんと医師と効果について話し合っておくといいでしょう。
このように、ミラドライは万能ではありません。ですが、きちんと理解すればとても効果のある方法ともいえるのです。

【参照元】ワキガ手術の教科書

ミラドライで起こる腫れの症状とは

ミラドライはまだあまり知られていない治療法ですが、ワキガや多汗症の治療として行われています。以前からあるワキガや多汗症の治療は剪除法や吸引法が一般的であり、一度受ければ半永久的に効果が持続されるといわれています。どちらも優れた効果を発揮する方法ですが、皮膚を切除しますので傷が残ってしまいますし、術後に回復した後でも皮膚が突っ張ったような感覚が残ってしまうケースもあります。体への負担が小さいといわれているボトックス注射なら傷跡は残りませんが、効果が半年程度しかもちませんので、定期的なメンテナンスに通わなければなりません。

ミラドライは現在もっとも注目されている治療法の一つであり、肌へのダメージが少ないのが大きな特徴です。肌内部にマイクロウェーブを流して汗腺を破壊することによりワキガや多汗症を改善させるものであり、冷却しながら施術を行いますので皮膚へのダメージはありません。汗腺を破壊する仕組みとしては、ミラドライを照射することでエクリン線とアポクリン腺の水分に反応させて熱を発し、その熱の作用によって汗腺が破壊されます。肌に安全な施術であるにも関わらず、8割程度の汗腺を除去することができますので非常に有効な手段となる可能性があります。

このように優れた治療法ではありますが一時的に熱傷のような症状が起こりますので、その際に痛みや腫れが現れます。腫れてしまっても2週間程度が経過すれば自然に治まりますし、痛みは数日で治まります。痛みが酷い場合でも、痛み止めを処方されますので指示された通りに服用していればそれほど時間もかからずに痛みを感じなくなります。
腫れている時の注意点としては、できるだけ触れないようにして清潔に保つことが大切です。熱を帯びているような時には軽く冷やすのも効果的です。施術を受けてからなるべく早く冷やすことで熱を持っている部分を鎮めることができますので、腫れがスムーズに治まりますし痛みもすぐに引きます。

ミラドライの副作用にはどんなものがあるのか

ワキガや多汗症にお悩みの方は多いですが、制汗剤や消臭ジェルを使ってもニオイや汗を抑えられないときは、クリニックで治療を受けた方が良いでしょう。治療法は色々ありますが、皮膚を切開したくない方には、脇の下に電磁波を照射して治すミラドライがおすすめです。
中度から重度のワキガや多汗症に効果がある治療法で、ワキガ治療器としてアメリカFDAから許可が下りている唯一の機器なので、安全性には何の問題もありません。電磁波をあてて、ニオイの元である汗腺を熱処理するので、メスによる傷跡が残らないのが魅力です。
ミラドライでワキガや多汗症を治したいけれど、電磁波を肌に照射しても影響はないのか、副作用があるのではないかと心配している方もあるでしょうね。施術後は皮下組織が熱によって火傷を起こしたようになるので、麻酔が切れると、多少の痛みを感じます。
しかし術後に患部を冷やすなどの措置を行ってくれるクリニックに通っていれば、それほど痛くはないので安心するようにしてください。それから1週間ほどは軽い痛みを感じることもありますが、普段の生活に差し支えるほどではないでしょう。
痛み止めを処方してくれるクリニックもあるので、我慢できないときは服用するようにしましょう。1週間前後は腫れや内出血を起こしやすいので、自宅でも冷却材などで冷やすようにしてください。
およそ1か月も経てば、腫れや内出血の心配もなくなりますし、3か月ほどで元に戻るので、施術を受けたことがわからなくなります。しこりのようなものが出来る人もいますが、1~2か月もすれば目立たなくなるはずです。
ミラドライを受けた人の中には、腕を伸ばした際、皮膚が軽く引っ張られるように感じることもありますが、これも少しずつ改善するので気にすることはありません。元に戻るまでに1~3か月ほどかかる場合がありますが、やがては何も感じなくなっていきます。
ミラドライの副作用で多いのは肌の炎症ですが、一時的なので怖がる必要はありません。それでも心配な方はアフターケアが整ったクリニックを選びましょう。

汗の元から治療するミラドライの平均的な値段とは?

だんだんと汗が気になる季節になってきました。実は汗染みや汗の臭いで悩んでいる人が多いのです。様々なデオドラント製品を使っても効果を実感できない人に向けての治療として「ミラドライ」があります。クリニックでの施術になります。

「ミラドライ」はマイクロウェーブ(電磁波)で汗の出る汗類線を破壊するという方法です。切開をする必要がないので痛みや術後のケアを抑えることができます。ハンドピースでマイクロウェーブを照射し、エクリン汗腺、アポクリン汗腺に熱を与えて破壊するので、術後は軽度の火傷のようになりますが、日常生活に支障はなく、傷なども発生しない施術です。

専門のクリニックでの施術になるので気になることは値段です。クリニックごとに値段に違いはありますが平均すると35万円から40万円ほどの所が多いです。痛みのない治療でワキの汗染みや臭いを解消することが可能です。今までいろいろなデオドラント製品を使ってきたけれども、どうしても抑えきれなかったという人には、切開の必要のない「ミラドライ」はとても人気が高まってきています。実際に「ミラドライ」を導入しているクリニックも増えてきました。汗染みやワキの臭いに悩んでいる人にとっては待望の治療法の一つになるのではないでしょうか。

「ミラドライ」の治療を受けた人は、汗をかいても臭わない、サラサラの汗になったという感想が多い点もポイントです。臭いの元は汗と常在菌が混ざり、雑菌の繁殖によって不快な臭いとなります。エクリン汗腺とアポクリン汗線を破壊するこの方法は、臭いの元からの治療になります。

いくつかのクリニックを比較検討して、自分に合った費用や施術を受けられるクリニックを探しましょう。適切な施術を受けることで精神的な苦痛がかなり減ることでしょう。汗の臭いには他人は敏感と言われています。自分で汗の臭いが気になる場合は、相手も気づいている可能性が高いです。これからの季節を気持ちよく過ごすためにも「ミラドライ」はあなたに自信を持たせてくれます。

ミラドライのよるワキガや多汗症の治療内容について

ミラドライとは、メスなどを使って手術を行う治療方法とは違い、マイクロ波を使用して行う多汗症やワキガの治療方法です、この治療方法によるメリットは、手術を行わない治療ににも関わらず、効果は半永久的に持続するという点にあります。多汗症やワキガ治療で今まで行われてきた治療では、手術を行わなければ根本的に症状を解消することはできませんでした。しかし、手術でメスを使う以上傷跡が残ってしまうため、ノースリーブが着ることができなくなるとか、ワキガの臭いを消したいが傷跡が残ってしまうので嫌などといった理由で根本的な治療を行うできない人が大勢いました。その点ミラドライによる治療では切開などは行わないので傷などの心配がなく、脇の下を綺麗な状態のままでいられるという特徴があります。また、マイクロ波を使って壊された汗腺は再生することがないため、再発などが起こりにくく半永久的な持続力を持っています。また、マイクロ波が反応するのは水分だけで、汗腺は水分が多いので、水分の少ない周りの組織にはダメージをほとんど与えずにその部分にだけ反応をして汗腺を破壊していきます。ミラドライを使った治療内容は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の多汗症やワキガの原因となっている2種類の汗腺を破壊していきます。マイクロ波を照射する時は治療の目的に合わせてどこに破壊するか決めてから照射を行います。多汗症の方の治療の時には、エクリン汗腺は浅い層にあるので、その浅い層にマイクロ波を照射してエクリン汗腺のみを破壊します。ワキガの治療が目的の時には、ワキガの原因となっているアポクリン汗腺は深い層にあるため、マイクロ波を深い層に照射してアポクリン汗腺を破壊していきます。水分にマイクロ波は反応し、その際に熱を発し汗腺を破壊します。マイクロ波を照射している時は、皮膚の表面に対して冷却を同時に行っているので、熱などによる痛みはほとんど感じることはありません。照射した後はヨードテストを行い、汗腺が汗を出しているか確認します。治療に必要な時間は両脇で1時間程で終わり、治療後すぐに動くことができます。ミラドライを使った治療は傷跡なども残らず安心です。

ミラドライは口コミで人気のワキガの治療方法

気温が上昇する夏になると、男女問わずに、ワキガに悩まされる方が多くなります。そもそもワキガとは、汗腺の多い脇から強烈な臭いが発生する症状のことです。ワキガは、主に遺伝に食生活、生活習慣の乱れなどの要因が合わさって症状は重くなっていきます。
そんなワキガの症状を治療できると口コミで話題になっているのが、ミラドライです。この治療方法は、簡単に言うと、ワキガの原因となる汗腺に集中的に超音波を当てる治療です。超音波で熱を発生させて臭いの元である汗腺を破壊できるので、ワキガが治ると言うわけです。汗腺は一度壊されると再生しないために、中度から重度のワキガでも長く効果を発揮します。
ミラドライが口コミで話題なのは、従来の治療方法と比べて様々なメリットがあるからです。まず1つに、従来の切開法のように全くメスを使わないことです。切開手術は根本的な治療ができますが、切開後の傷が気になってしまう事が多いです。その点、ミラドライは超音波を当てるだけなので、傷跡が残らず、感染症が起こるリスクもないです。おまけに、治療後の腫れ、痛みなどのダウンタイムも長くはないです。つまり、仕事や家事などすぐに日常生活に戻ることができるというわけです。
それと、ミラドライは、あらかじめ設定された通りに超音波の照射を行うように設計されています。そのため、メスを使う手術のように、担当する医師によって手技の差を感じることがないのも魅力といえます。よって、施術を受けるのが初めてでも、精神的にも肉体的にも負担に感じることはないです。
このように非常に画期的な治療方法ですが、ミラドライを受けた後は患部を良好に保つ上の注意点があります。まず、絶対に施術直後は熱い湯での入浴、激しい運動、アルコールなどの摂取を控えるべきです。これらの行為は全身の血行を良くするので、患部が腫れる可能性が有るからです。そのため、なるべく安静にして過ごす事が大事です。

メスを使わないミラドライは術後のダウンタイムが少ない

汗が大量に出てくる多汗症や異様にきつい汗の臭いがするワキガの症状を持っていると、日常生活に支障をきたすばかりか、精神的にも苦痛を伴い、辛い生活を余儀なくされていまいます。これらの辛い症状を解消するために医療機関で受けられるのがミラドライです。主に美容クリニックで行っている施術で、メスを使わずに治療を受けられるのがメリットです。
メスを使う方法だと、術後のダウンタイムがある程度必要で、普段の生活を送るにはやや大変な部分がありますが、ミラドライは皮膚を切らないため身体への負担が少なく済み、術後のダウンタイムが短く済みます。
それでありながら、半永久的な高い効果を発揮してくれる実力を持ちます。脇の部分などに傷跡を殆ど残すこと無く、大量の汗や不快な臭いが解消され、快適な生活が送れるようになるでしょう。
ミラドライの施術では皮膚の表面から専用の機器を使って、マイクロ波を照射します。マイクロ波の性質により皮膚の奥へと到達し、熱処理を加えて原因の汗腺を破壊する力を持ちます。術中は痛みを感じることが少なくありませんが、汗腺だけに反応して熱処理を加えますので、健康な皮膚を傷つけるリスクはほぼありません。
術中は麻酔をしてくれますから痛みを感じません。術後当日は麻酔が切れて痛みが強く感じられる場合がありますが、医療機関から痛み止めを渡してくれるケースが多いですから、それを利用すれば痛みが随分と和らぐでしょう。
数日経過すれば痛みがすっかりおさまってきますので、普段通りの生活を難なく送れるようになります。多少むくみが見られますので、幹部を強く擦るのはやめましょう。熱いお風呂に入ったり、激しい運動はしばらく控えるのがポイントです。これらの行動は血流を促しますので、腫れの症状が強くなったり、内出血を起こすなどのリスクが高まります。マッサージや飲酒なども同様の問題が起こります。普通に動く分には影響はありません。